スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

ざくろジュースはお風呂あがりに飲む

今日のお題は「エッセイに刺激を受けたうちの台所道具…」
でも先に、ざくろジュースについてから。
飲み切りサイズは外出先で、自宅では瓶や紙パックで、などシチュエーションによって飲み分けるのもいいですね。
夏はアイス
冬はホット
などルーティンにして、お風呂あがりに飲むようにすると、自然と生活に取り入れることができます。
ざくろジュース
ではでは自分で生活するようになってから、身の回りの物は見た目がオシャレなものを揃えるようになりました。
うちの台所道具もカラフルで変わったものが多く、友達が遊びに来ると本当にこれを使っているのかと聞かれることもありました。
実は、見た目だけでそれほど使いやすくなかったり、使いこなせていないものもあり自分でも失敗したかなと思う事も結構あったのです。
そんな時、ちょっと昔のエッセイを読む機会があり、古くから愛されてきた台所道具や上手に使いこなすためのちょっとしたコツなどを目にしたら、それこそ目からウロコ状態になりました。
カラフルではないし見た目もイマイチ、けれどもお料理をする時にはとても使いやすいと思えたし、こんな風に使うのかと勉強になりました。
そしてエッセイに書かれていたものをいくつか試しに買ってみたのですが、私が一番感激したのはどうってことのないフキンでした。
ビックリするほど吸水力が高く、拭き取りやすいし毛羽立ちが食器に付きにくいのです。
今までスルーしてきた昔ながらのフキンですが、使ってみて本当に良さが分かりました。
子どもの頃からお料理をするのは好きで、自分で言うのはなんですが上手な方だと思っていました。
でも、本当に使いやすい台所道具を使うようになったら、まだまだ修行が足りないぞと思えるようになったから不思議です。

 

JUGEMテーマ:日々のくらし

スポンサーサイト

コメント